ドラフトキングの仕組み

。ドラフトキングの仕組みを理解するには、デイリー・ファンタジー・スポーツについての全般的な基礎知識が必要なので、そこから始めよう。まず第一にデイリー・ファンタジー・スポーツをするためには、参加スポーツを選び、ガイドラインに則した架空のチームを作る必要がある。

<--続きを読む-->

チームが完成したら、そのチームの選手たちによる実際の競技結果に基づいたポイントを獲得していく。チームの実力が高いほど勝利の確立は高くなる。その賞金で人生が一変することにもなりうる。数時間、あるいは数週間で、大した金持ちになることも可能だ。ではこれからドラフトキングについて見ていこう:

ゲームのルール

最初にすることは、デイリー・ファンタジー・スポーツのウェブサイトでアカウントを作り、最初の預託金を設定する。それが済んだら、自分がなじみのスポーツを一つ選ぶ。
NFL、 NBA、 CFB、 SOC、 NHL、PGA、 CBB、 MMAなどだ。お気に入りのリーグを決めたら、競技を選び、必要に応じて買い入れ手数料を支払う。この手続きの段階ですでに無料のリーグに参加し、まとまった現金を勝ち取ることもできる。

次は、自分のチームメンバーをドラフトするわけだが、チームの選手たちはそれぞれの競技ごとに決められた選手要員枠から選ばなければならない。しかし、各チームのサラリーは$50,000を上限とするため、選手をドラフトする際にチーム全体のサラリー総額がこの金額を超えないようにする必要がある。

選手たちのサラリー額は皆同じではないということに気がつくだろう。したがって最高のチームを作るには周到に計算する手腕が必要だ。満足のいくチームが出来上がり、予算内に納まっているようなら、あとは選手名簿を提出し、競技開始を待つ。直前になってチーム編成の変更を申し出たくなった場合、競技が始まる前であれば問題ない。

今度はリーダーボードに注目する。出資したランク到達に必要なポイントを得点すれば、賞金が手に入ることになる。といっても、獲得する賞金額は参加した競技の規定によって変わってくる。

複数のスポーツや競技を試したい場合はどうか。ドラフトキングでは、複数のチームを選ぶことが可能だが、複数のアカウントを作ることはやめよう。複数のアカウントをもつことは、このサイトではうまくいかない。

競技の種類
ドラフトキングは誰もが参加できるように競技類を構築している。デイリー・ファンタジー・スポーツというものにまだなじみがなかろうと、この道のプロであろうと、問題ない。それなりの競技が用意されている。競技のリストは以下のとおりだ。

・50/50競技:上位半分に入ったチームがすべて勝利する。
・フリーロール競技:参加は無料だが賞金も無い(例外有り)。
・GPP(Guaranteed Prize Pool/賞金保証)競技:勝利者に賞 金全額が支払われる。 
・1対1および1対1複数対戦競技:勝つか負けるかの1対 1勝負の競技。
・リーグ戦:全スロットが埋まらないと始めることができな い競技。
・マルチプライヤー:参加料を倍増させる絶好の競技。
・予選通過競技:より大きな賞金のコンテストに参加する  ための登竜門。
・ステップ:トップに上り詰めて勝利する道のり。