どうしてドラフトキングスはそんなに人気があるのでしょうか?

 特にアメリカでのドラフトキングスの人気を理解するには、この国でのオンラインギャンブルの概念をとらえる必要があります。まずは、アメリカ人がインターネットでギャンブルをするにあたって、連邦政府と各州が厳しい法制を定めたことに触れたいと思います。

インターネットギャンブルに関わる法律

厳しい法制の結果、多くの州ではオンラインカジノに参加して、お金を賭けることはできません。それは法律を侵すことになるからです。アメリカの法律では、ギャンブルはただの偶然に身を任せる行為だとしており、インターネットでのゲームに運を任せたいのであれば、法律を詳しく知る必要があるとしています。

そこで登場するのが、ドラフトキングスのようなデイリーファンタジースポーツです。法律に沿って考えても、これらのゲームは偶然に頼るものではありません。なぜならゲームの参加者の腕が重要となるものです。その理由は、様々なルールを守りながら、競技を勝ち抜いていくために、チームの編成を考えなければいけないからです。

その結果、合法的にオンラインギャンブルができない多くの人たちは、ドラフトキングスでは安心してギャンブルを楽しむことができます。ドラフトキングスの会社はマサチューセッツ州のボストンにあり、政府関係者の厳しい監督のもとにビジネスをしているので、全く合法的です。

更に、ドラフトキングスでの競技は人気があるので、スポーツ産業の大手とパートナーシップを組むことができました。そのことが、皆さまに好まれるデイリーファンタジースポーツサイトとしての立場を、確固たるものにしています。

協力体制

こういったビジネスとして成功している協力体制のいい例として、NHLとのディールがあげられます。その結果NHLのいくつかのリーグのサイトでは、ドラフトキングスを取り上げた記事が目立ちます。その上、ドラフトキングスはESPNともパートナーシップを組んで、15USミリオンドルのファンタジーフットボール、ワールドチャンピオンシッププロモーションでの最終戦を、テレビで放映することができました。

ドラフトキングスのビジネスは大体順調ではありますが、
デイリーファンタジースポーツに対する法的問題が消え去ったわけではありません。実際こういったゲームがなくなってほしいと思っている人達は、ゲームの勝ち負けがゲームプレイヤーの腕に完全によるものではないと、主張しています。
ゲームの参加者が、自分のファンタジーチームのメンバーを選ぶときに、そのメンバーに悪いことが起こって、プレイできなくならないように希望していること事態が、偶然性に頼っていると、ゲーム反対者は考えています。

こういった見地から、いくつかの州はデイリーファンタジースポーツのサイトに、住民がアクセスできないようにしました。アリゾナ、ワシントン、ルイジアナ、モンタナそれにアイオワがその例です。しかし、これは珍しいことではありませんが、そういった州出身のテクノロジーに長けている人たちが、デイリーファンタジースポーツに今も参加していることが報告されています。

いずれにしましても、今の法律のもとで、多くのアメリカ人がドラフトキングスのゲームを楽しめます。そして、このサイトはとても魅力があるので、ゲームプレイヤーは何度もこのサイトに戻ってきます。ほとんどの人にとって、ゲームの画面はわかりやすく、操作しやすいものであると、このサイトは自負しています。その上このサイトのいくつかのプロモーションでは、何ミリオンUSドルという賞金を稼いだひとが度々現れました。その結果、法律が反対しない限りは、ドラフトキングスの人気は高まるばかりです。